米山隆一 新潟県知事時代の炎上発言 援交など過去の問題やツイッターのつぶやきまとめ

作家でタレントの室井佑月さんが前新潟県知事の米山隆一さんと婚約されているそうだ。
米山隆一さんの写真を見て「どこかで見たことがある気が…」
と思った方も多いのではないだろうか。

実はこの米山隆一さんは、前新潟県知事であり一時期よくメディアに取り上げられていた。
その原因でもある援交問題やツイッター炎上発言をまとめています。

スポンサーリンク

米山隆一 前新潟県知事はハッピーメール援交で炎上


元民進党であり、前新潟県知事の米山隆一さんは、原発再稼働を含む様々な問題において「つぶやく知事」として注目されていた。

米山隆一さんは、2018年に援助交際をしていたという事実が発覚しメディアでも度々取り上げられることになる。

自分の子供でもおかしくない年齢の女性に対して金銭を渡して、肉体関係を持っていたのだ。

各種報道によれば、インターネットで異性と出会える、いわゆる出会い系サイトのハッピーメールで22歳の女性と出会い、1度会うたびに3万円を支払っていたらしい。

スポンサーリンク

米山隆一はtwitterで橋下徹や百田尚樹にも噛み付いていた


twitterで前大阪市長の橋下徹さんや、放送作家の百田尚樹氏さん、さらには三浦瑠麗さんと論争を繰り広げたこともある。

著名人らの書き込みに素早く反応し、批判する。
知事を努めていた新潟に関する話題だけでなく、新潟には一切関係のない話題にも噛み付いているのも炎上の理由のひとつだろう。

さらに本人には反省の態度が見られないのも反感を買った。

スポンサーリンク

米山隆一の石平さんへの口撃


米山さんは、石平さんのツイートにも反応したことがある。
某記者に対する石平さんのツイートに激しく噛み付く。

「吐き気」などの前知事らしくない言葉遣いが炎上の火種となった。

スポンサーリンク

米山隆一と室井佑月の出会いのきっかけ


米山隆一さんと室井佑月さんは、twitterなどで意見交換をする仲であり、脱原発に対する考え方も似ていたらしい。
今年のはじめ頃から2人の距離は近づき交際にまで発展したらしい。

スポンサーリンク

米山隆一はエリート中のエリート


つぶやく知事であり、炎上を巻き起こす火種になっていた米山隆一さんですが、実は非常に秀才で多才な人物でもある。

灘高校、東大医学部を卒業という超エリート。
身体能力も高く、医師免許を持ち、弁護士でもあるのだ。
そのような人物であるため、支援者も多いだけに、度重なる炎上や不祥事は支援者にとっても大きな衝撃であり、落胆させる原因にもなった。

スポンサーリンク

室井佑月の元夫

室井佑月さんは、1999年に作家の高橋源一郎さんと結婚している。
一児をもうけるものの、2001年には離婚している。

室井佑月さんといえば誰にでも自分の意見を真正面からぶつけるというイメージが強い。
援助交際をしたことが報道された米山隆一さんとの結婚というのは、やはり多少は世間体なども考えるはずだが、そこは室井佑月さんのまっすぐで自分の気持ちに正直な部分が背中を押したのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました