布マスクの正しい洗い方!使い捨てマスクは洗うとコロナ対策に影響が

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクを未だに購入できない人は多いです。
布マスクを使ってみる、作ってみるという人が増えていますし、今後国から布マスクが2枚配布される予定です。

2枚だけではやはり足りないという印象が強く、毎日洗って使用するのが基本になるでしょう。
ただ、布マスクは正しい洗い方をしなければウイルス対策に影響が出ます。
何度も洗濯するのであれば、正しい洗い方を必ず覚えておいてください。

また、布マスクではなく使い捨てマスクを洗って使いたいという方もいるでしょう。
使い捨てマスクはどのように洗えば良いのか、洗ったことによる影響はどのくらいあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

繊維を傷つけず除菌するなら手洗い


マスクは口元に触れるものですので、衛生面を十分に考慮したうえで、最低でも1日に1度は洗うというのが基本になります。

ただ、そもそもかなり柔らかいガーゼで作られているマスクは洗濯機で洗えるものなのでしょうか。

ガーゼというのはメッシュ構造になっていますので、強い力(洗濯機など)で洗うと糸がほつれてしまって、隙間ができてしまいます。

洗濯ネットに入れるという方法もありますが、型崩れをしっかりと防いで、尚且きれいに洗浄するためにはガーゼマスクは手洗いするのが理想的です。

マスクの洗濯時に必要なもの


マスクを洗濯する時には…
・医療用洗剤
・塩素系漂白剤
・タオル
・洗面器かバケツ
・ゴム手袋
・洗濯バサミ
を準備してください。

まず、マスクは衣装用洗剤で洗浄してから、塩素系漂白剤で殺菌します。
衣料用洗剤は皮脂などの汚れを取り除くためで、漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムの成分でウイルスを不活性化させるために用いられます。

ポイント1…ゴム手袋を使用してください。
ポイント2…洗浄する時はできるだけ1枚ずつ
ポイント3…洗濯液の飛沫に触れないように
ポイント4…洗濯後は十分に手を洗う

スポンサーリンク

布マスクを洗う


それではいよいよ洗っていきます。
洗面器に水をためて医療用洗剤を入れてかきまぜます。
大体、2リットルの水にティースピーン2分の1程度の量になります。

洗面器にゆっくりガーゼマスクを入れたら、そのまま放置して10分待ちます。
10分たったらガーゼマスクをゴシゴシ擦るのではなく、手のひらで押すように洗います。
マスクの繊維ができるだけ傷つかないように注意してください。

洗面器の水を捨てますが、洗面器内にはウイルスが付着している可能性がありますので、飛沫が上がらないようにゆっくり流してください。

洗面器に新しい水をため、ガーゼマスクの洗剤を流します。

十分にすすいだら、洗面器に新しい水をため、塩素系漂白剤を入れていきます。
1リットルの水に対して、15mlが目安くになります。
この時、必ずゴム手袋を使用してください。

洗面器にガーゼマスクを入れたらそのまま10分待ち、10分後にマスクを押すように洗います。
マスクの繊維を傷つけないように気をつけてください。

洗面器の水をゆっくり捨てて新しい水を入れてからよくすすぎます。
洗面器の水をゆっくり捨てて、再び新しい水ですすぎます。
十分に塩素系漂白剤をすすいでください。

清潔なタオルを使用してマスクをはさみ、水分をタオルに移します。
脱水をすると繊維が傷みますので、注意してください。

布マスクを干す

水気が取れたら、ガーゼマスクを日陰で乾かしてください。
乾燥機を使用してしまうと熱でガーゼが縮みますので、陰干ししてくださいね。

型崩れを防ぐために、手で軽く伸ばしながら干して、乾いたらアイロンでしっかりと形を整えてください。

スポンサーリンク

使い捨てマスクを再利用したい


使い捨てマスクを再利用しなければマスクがない、という場合には使い捨てなんて言っていられません。
使い捨てマスクを消毒する方法はいくつかあります。

まず煮沸消毒です。
煮沸消毒すればウイルスを死滅させることはできるようですが、生地そのものが傷んでしまうのでフィルターとしての性能が低下してしまうかもしれません。

そのため、煮沸消毒よりも、アルコール消毒の方が良いです。
エタノールなどを使用してアルコール消毒をすれば、煮沸消毒よりは生地が変質することもないかもしれませんが、アルコールでも生地が変質するリスクはありますので、やはり一番良いのは洗剤を使って洗う、という方法です。

あくまで、使い捨てマスクの再利用はすすめられていないのですが、その上で再利用しなければならない事態なのであれば、中性洗剤で洗うのが良いです。

中性洗剤を洗面器にためて押し洗します。
そして十分にすすいだら、日陰で自然乾燥させてください。
脱水をしてしまうと素材が傷んでしまいますので、自然乾燥が基本です。

ハイターでつけ置きして除菌したいと思われるかもしれませんが、生地が変質する可能性があるのでおすすめできません。

スポンサーリンク

手作りマスクにおすすめの素材


手作りマスクに最も必要なことは、息苦しさを感じない程度に通気性がありながら、なおかつウイルスを撒き散らさない布目の細かさです。
手作りマスクに最適なのは、市販されているものの中ではダブルガーゼというものです。

ガーゼを重ねている生地で、医療用ガーゼに比べると布目が細かくそれでいて息苦しさを感じにくいです。
また、オーガニックコットンなどのような天然の素材から作られている布もおすすめです。

そしてゴム紐です。
このゴム紐は強力なものだとどうしても耳が痛くなってしまいますし、緩ければマスクが外れてしまいます。

ただ、布マスクを手作りする方も増えているので、ゴム紐が手に入らないこともあるかもしれません。
そのような場合には、ダイソーなどに売っているヘアゴムや帽子用のゴムで代用してください。

スポンサーリンク

まとめ

布マスクはきれいに、繊維を傷つけないように洗浄すればしっかりと使い続けることができます。
ただ、洗い方を間違ってしまうと、マスクそのものの機能が低下してしまうこともあるので、注意してください。

外出を自粛すればウイルスに感染するリスクを軽減できますが、どうしてもやむを得ず外出しなければならない時には必ずマスクを着用してください。

また、家の中にもウイルスがいる可能性がありますので、マスクで完全に感染を予防できるわけではありません。
あくまでもしないよりはマシという程度ですので、自宅内をより安全な場所にするためには室内の徹底した除菌が必要不可欠です。

自宅内の除菌を徹底すれば、コロナ対策での外出自粛による効果をより高めることができます。

ニュース
スポンサーリンク
イマテレ
タイトルとURLをコピーしました